歯磨き粉について(虫歯予防として)

最終更新: 2月16日

「歯磨き粉は何を使ったらいいのですか?」

と質問されることがとても多いのですが、お勧めできる歯磨き粉は患者様のお口の中の状態によって変わります。


■虫歯傾向の高い方へ

フッ素濃度の高いもの(1,450ppm)をお勧めします。

2017年よりフッ素の濃度が1450ppmの高濃度配合されているものが販売されていることをご存知でしょうか?それまでは日本で販売されている歯磨き粉は1,000ppm以下という規制があったのですが、それがようやく欧米並みに認可され、およそ1.5倍のフッ素濃度になっています。


■6歳未満の小児には推奨しない

厚生労働省では推奨しておりませんのでご注意ください。これは体重が小さいことや、上手にうがいができなかったり、飲み込んでしまったりとコントロールが難しいからだといえます。一番フッ素を使いたい年齢のお子さんに使えないのは残念ですが、ご心配の方は当医院で定期的にフッ素を無料で塗布することもできますので、是非ご利用ください。


■フッ素を口の中に残す

フッ素の効果を高めるために歯磨き後のうがいは軽く1回だけにしてください。これは意外と重要なことなんです。フッ素の効果を高めるためにできるだけお口の中に残したいからです。









最新記事

すべて表示

1歳6か月健診

2月27日(木曜日)は、藤岡市の1歳6ヶ月健診の担当でした。 当日、37人のかわいいお子さんが保健センターに いらっしゃいました。 1歳6ヶ月になると個人差はありますが、上6~8本 下6~8本の乳歯が生えてきます。 歯が生えるということは、お母さんのおっぱいやミルクから離れ、少しずつ大人と同じような食生活が始まることを意味します。 乳歯の健康を保つことは、乳歯の次に生えてくる永久歯や顎の発育にも大

  • さえずり